「抗菌」という
付加価値を印刷に

  • 企業・お店の信頼獲得に
  • 商品の差別化に
  • これからの生活様式に

清潔感を求める昨今の生活様式により、衛生環境の関心は非常に高まっています。

製造や流通、販売や配布時に不特定多数の方が触れる
印刷物に対しても、清潔・安全かどうか、厳しい目が向けられるようになりました。

時代のニーズである「抗菌」の付加価値をつけることで、安全性と安心感を両立させた印刷物を
ご提供し、戦略的に貴社のイメージアップをサポートいたします。

抗菌印刷の
4つのメリット

優れた抗菌力

高い安全性

確かな低臭力

イメージアップ

優れた抗菌力

抗菌剤が入った印刷インクやニスにより優れた抗菌力を持ち、大腸菌や黄色ブドウ球菌など細菌の繁殖を抑制します。さらに、防臭、防カビにも効果を発揮します。

高い安全性

各種検査機関に合格した安全な原料を使用しています。長時間触れることでの肌の炎症や誤飲時の有毒性もなく、また「環境ホルモン」「NL規制※1」にも準拠しています。

※1.「原則として全てを認可するが、禁止するものだけを一覧表とする」規制方法。安全衛生上人体や環境に有害な恐れのあると考えられている物質をリストアップし、その使用を禁止する方法。

確かな低臭力

低臭のインク・ニスで製品そのものの匂いを低減させ、さらに乾燥時に発生する不快な匂いを特殊な吸着剤で吸着させることで、印刷物の特有の匂いを抑えました。

イメージアップ

衛生環境の関心が非常に高まる中、清潔・安全という項目に注目が集まっています。抗菌印刷を行うことで、清潔と安全への強い意識を持った企業としてイメージアップや信頼へとつながります。

「抗菌印刷」とは

「抗菌」とは菌を長時間増やさないようにし、製品の表面上における細菌の増殖を抑制することです※2

「抗菌印刷」とは、パンフレット・チラシなどの印刷物の表面に抗菌剤を配合したインクとニスを使用することで抗菌効果を高めたものです。

印刷インク・ニスは(一社)抗菌製品技術協議会登録の抗菌製品を使用。印刷物の表面に塗布するため、表面に抗菌剤の層が形成され、抗菌効果が非常に高く衛生的な製品が得られます。

さらに消臭効果と耐摩擦性も持ち合わせ、汚れにも強く、防臭の効果も発揮します。

※2. JIS(日本工業規格)では、加工されていない製品の表面と比較し、細菌の増殖割合が100分の1以下(抗菌活性値2以上)である場合、その製品に抗菌作用があると規定

使用インク

弊社の抗菌印刷は抗菌製品技術協議会(SIAA)登録商品である「抗菌プラスにおわなインキ」を使用しています。
銀イオン等の抗菌剤で高い抗菌効果を発揮し、さらに特殊吸着剤で不快なニオイ成分を閉じ込めます。

抗菌印刷の仕組み、抗菌ニスを印刷、フルカラー印刷
抗菌印刷の仕組み、抗菌剤で菌の増殖を抑制。増殖されない菌は寿命が尽きて死滅します。

試験データ

<抗菌性>

黄色ブドウ球菌、および、大腸菌を試験菌として試験を行った結果、抗菌印刷された物には生菌数が検出されませんでした。(下表参照)。
この試験により抗菌効果があることが確認できました。

※表は横スクロールできます

試験菌 試験前処理 測定 試験片 生菌数
サルモネラ菌 接触直後 無加工 11,000
24時間後
(室温35℃、
相対湿度90%以上)
無加工 5,500
抗菌印刷 1未満
O157 接触直後 無加工 10,000
24時間後
(室温35℃、
相対湿度90%以上)
無加工 200
抗菌印刷 1未満
黄色
ブドウ球菌
なし 接触直後 無加工 14,000
24時間後
(室温23℃、
湿度39%)
無加工 800
抗菌印刷 検出せず
耐光処理
区分1
接触直後 無加工 13,000
24時間後
(室温23℃、
湿度39%)
無加工 5,000
抗菌印刷 検出せず
大腸菌 なし 接触直後 無加工 14,000
24時間後
(室温23℃、
湿度39%)
無加工 1,000,000
抗菌印刷 検出せず
耐光処理
区分1
接触直後 無加工 14,000
24時間後
(室温23℃、
湿度39%)
無加工 1,000,000
抗菌印刷 検出せず
<低臭効果>

発生するニオイの時間変化の調査、および、印刷物に対する官能評価を行い、抗菌印刷と他社のインクと比較しました。
その結果、他社のインクに比べて、ニオイが低減されていることが確認されました。

安全対策・イメージアップをサポート

サービスや営業活動、広報活動など様々なシーンで人の手に触れる印刷物を『安全と安心』のツールにしませんか?

「抗菌印刷」は社会のニーズに応えながら一層の差別化や優位性が発揮できる、この時代に即した新しい印刷方法です。

友野印刷では長年培ってきた印刷技術を活かしながら、お客様のご要望に合わせたご提案をさせて頂きます。

SIAAマークが表記可能

SIAA ISO 22196 抗菌加工

SIAAとは

抗菌製品技術協議会(SIAA)は、消費者が適性かつ安心して使用できる抗菌加工製品の普及を目的に、抗菌剤メーカー、抗菌加工製品メーカー、抗菌試験機関によって設立された団体です。

友野印刷はSIAAに登録しており、弊社で抗菌印刷された製品にはSIAAマークを表記できます。SIAAマークを表示することで抗菌の高付加価値をつけることができ、競合他社との差別化を図ることができます。

SIAAマーク 3つの安心

  • 抗菌性
  • 安全性
  • 適正な表示

SIAA取得企業

約350団体(2020年6月現在)が取得しています。

主な企業:京セラ(株)、パナソニック(株)、富士フイルム(株)、(株)LIXIL

写真:抗菌加工製品登録証明書
友野印刷の抗菌加工製品登録証明書

友野印刷はSIAA証明書取得済み

友野印刷は2020年6月12日にSIAAへ登録して、岡山県で初めて証明書を取得しました。

友野印刷で抗菌印刷された製品にはSIAAマークを表記できますので、印刷物に抗菌の高付加価値をつけることができ、競合他社との差別化を図ることができます。

実用例

医療や福祉、飲食・接客や教育など、衛生環境が求められる現場で抗菌印刷のニーズが高まっています。

医療・福祉

診察券・カルテ・薬袋・封筒・帳票類・お薬手帳

飲食・接客

会員カード・チケット・メニュー表・ランチョンマット・アンケート用紙

官公庁・公共団体

封筒・記入用紙・パンフレット・チラシ

教育機関

クリアファイル・連絡帳・ノート・集金袋・教科書・問題集

販促・イベント関係

チラシ・紙袋・ポスター・カタログ・パンフレット

オリジナルグッズ

マスクケース

友野印刷
オリジナルグッズ

友野印刷通販サイト「TOMONO Shopping」にて取り扱っている商品をご紹介します。
ご紹介している商品以外にも、オリジナルデザイン制作も受け付けています。

抗菌印刷マスクケース

来客時の一時的なマスク置きに使える、使い捨て低価格なマスクケースです。
抗菌加工で安心安全。
取り外したマスクをはさんで置くことでマスクを清潔に保ちます。のり加工でマスクをはさんでもずれ落ちません。

  • 抗菌印刷マスクケースの写真
  • 抗菌印刷マスクケースからマスクを取り出す様子
  • 机の上に置かれた抗菌印刷マスクケースと小型トートバックから小物を取り出す女性

Q&A

Q どんな素材に抗菌印刷できますか

A 弊社の印刷機に通る、全ての印刷用紙に印刷することができます。

Q 印刷物の両面に抗菌印刷はできますか?

A 片面だけでなく両面にも抗菌印刷が可能です。

Q 抗菌インクを使用した印刷物のニオイは気になりますか?

A 低臭インク、ニスを使用しているため、印刷物特有のニオイが抑えられています。

Q 抗菌効果はどのくらいの期間保たれますか?

A 表面の抗菌コート部分が剝げ落ちない限り、長期にわたり効果が持続します。

Q 抗菌印刷の印刷物に、記載できる承認マークはありますか?

A SIAAの会員である当社の抗菌印刷物には、抗菌効果と安全性を示すSIAAマークを表示することができます。

Q 抗菌印刷の上にビニール引き加工や、PP加工はできますか?

A 抗菌印刷コーティング面を覆い、抗菌効果がなくなるため、できません。

Q インクの成分は人体に影響はありますか?

A 人体・自然界にも影響はありません。また、急性経口毒性試験や皮膚刺激試験などの安全性試験でも基準を満たしています。

Q ウイルス対策に使えますか?

A 抗菌印刷で用いるインクやニスには、印刷物に付着する大腸菌やブドウ球菌などの細菌の増殖を抑制する効果はありますが、ウイルスに対する効果はありません。

お問い合わせ

抗菌印刷に関するお問い合わせは以下のメールフォーム、またはお電話にて受け付けています。
お気軽にお問い合わせください。